GMOの株主優待

株主優待の資格取得と投資限界効率との関係

株主優待はその企業の株主であると受けることが出来る優待のことで、配当金とは別の優遇された特典を受けることが出来ます。なかには魅力的な株主優待もあるため、投資家もそれを目的として株を購入して、その資格を得ることも多いです。

株主優待や配当の資格を得るためには、権利落ち日の前日である権利付最終日までにその企業の株式を所有する必要があります。権利付最終日を超えれば、その営業日の3日後に権利確定日がやってきて、自動的にその企業の株式名簿に登録されることとなり、優待を受ける資格が確定します。

投資の目的としては、その企業の株式優待や配当金を得る目的で所有するケースがありますが、銀行などの普通預金に預け入れしておくよりも利率が良い側面もあります。これは投資限界効率として表現され、銀行に預けたときの金利と同じ様にパーセントで表現される性質があります。

例えば、投資限界効率10%の意味としては、普通預金で言う金利10%と同じ意味があるとされています。日本においては低金利政策でもあるため、金利10%は当然、ありません。

なお企業の配当金については、配当利回りという数字で表現されることも多いですが、これは株価に対してのパーセントとして表現されるものです。これもその企業に投資を行なう上での目安にもなります。

ケインズの経済学においても投資限界効率理論というのがあります。これは投資をする目的は、銀行に対して支払う利子よりも投資をした方が利益が出る場合には、投資に向かうとする理論です。

つまりお金を銀行に借りてまで投資を行なった方がお得であると人々が考えるから、そういった経済活動を行いやすいのです。株主優待においては、投資限界による効率のパーセントでは表現できない特典を得ることもあり、その資格を得ることは広く奨励されています。